プリンタとトナー

 

レーザープリンタに欠かせないトナーカートリッジですが、コストカットの観点から最近では通常のカートリッジをリサイクルしたリサイクルトナーが注目されています。では、そもそもレーザープリンタやトナーの仕組みはどうなっているのでしょうか?まず、レーザープリンタは光伝導物質を感光体ドラムに塗布し、レーザー光線で文字や画像を照射して潜像を作り出したものを、トナーによって現像され用紙にプリントされる仕組みになっています。

用紙は普通紙を使用でき、カラーの印刷が鮮明に仕上がることで需要があります。基本的に、モノトーンとカラープリントの機能を搭載している物が、多く使われており、カラープリントにはロータリー方式、タンデム方式や中間転写方式などの方式があり、インクはシアン、マゼンタ、イエローの色の3原色といわれる3色を混色することによって色を作り出しています。このため、トナーには色の3原色+黒が存在し、英語のtone(色調)が名前の由来となっています。

ミクロサイズの色粒子を帯電性のあるプラスチック粒子に付着させ、カートリッジと呼ばれる専用容器に入れられた状態でプリンタに使用されます。内部のトナーの粒子は、ホコリよりも軽く、簡単に軽い風でも飛び散りやすいのですが、カートリッジに入れられた状態のトナーは、簡単に飛び散ったりはしませんが、床に落とすなどした場合はまれに、散乱することもあります。以上のようなトナーですが値段は決して安価ではありません。さらにトナーは消耗品であるためリサイクルトナーが注目をあびています。

~PICK UP~
リサイクルトナーカートリッジを専門に販売している通販サイトです ⇒ リサイクルトナーカートリッジ

Copyright © 2014 リサイクルトナーの仕組みと現状 All Rights Reserved.